• 屋号:トゥージュール
  • 主催者:ゴトウマサコ(KURO)/ ビジネス会員
  • eXe利用日時:第1・2・4・5日曜日 10時~18時
  • 公式サイト:toujours.jp

eXe入会のきっかけはカラー資格の取得だった

「すべての色はブルーとイエローに分かれる」。この文章がeXeに関わるようになったきっかけです。

小さい頃から絵を描くことが大好きで、手当たり次第に美術系書物は読んできました。なのに、それまで一度も聞いたことがないこの言葉に衝撃を受け、疑問を解くべくカラースクールに通い始めたのです。そこでカラーの資格があることを知り、せっかくなら色彩検定1級までと思ったものの1度めの受験は失敗。ひとりでコツコツ勉強するより、人に説明した方が頭に入りやすいので、カラーに興味のある人を集めた勉強会を開催しようと決めました。

ところが、当時は今ようなコワーキングはありません。高額で広すぎる会議室が多く、安価で小さな会議室はすぐ埋まってしまうか、毎回事務所まで足を運ばなければいけません。もっと気軽に定期的に借りられるスペースはないものかと悩んでいた時、ふと、お金を出し合ってマンションを借りている友人がいたのを思い出したのです。それがeXeでした。

問い合わせたところ、すんなりOKが出て、あっという間に会員に。1999年9月のことだったと思います。

ビジネス会員は私のわがままから生まれた

その後、メイクアップとヘアアレンジのスキルも身に着け、講師として独立することにしたのですが、問題になったのはビジネスの場所。店舗を構える知り合いに場所の提供を依頼したりもしたのですが、金銭的にきつく、定期的に予約するのも難しい。また、当時のeXeのイベントは、非営利でひとり月1回程度の利用頻度のイベントがほとんどで、営利目的・高頻度で部屋を独占的に確保していいのかなと悩んでいました。

ちょうどその頃、新しいマンションに移動することとなり、大部屋と個室の2つのスペースが出来たことから、個室を「ビジネス部屋」として利用することを提案。ダメと言われるかと思いきや、割とあっさりとOKが出て、正会員の費用に加えて「ビジネス会費」を支払うことで、優先的に部屋を確保する会員制度を設定していただけたのです。

eXeルームのインテリアも変えました

私は脳が暴走しやすいタイプなので、「やりたい」と思ったら止まらないのですが、ビジネス会員以外にも、私のわがままが形になっているのが、現在のeXeの内装です。

会員勧誘のために、インスタに掲載してもらえるような「フォトジェニックな部屋」にしたいと総会で議題提出したところ、特に反対もなく「いいですよ」と。

そこで、床にオフホワイトのクッションフロアを敷き、テーブルを濃いブラウンから真っ白な折り畳み机に替え、写真撮影できるスペースをプラダンとディアウォールで作り、ベランダの味気ないアルミサッシの前にプラダンと木枠ではめ込み戸を据え付けたのです。

ひとりでコツコツ変えていったので、時には筋肉痛にも悩まされて大変だったのですが、柔らかい光が部屋全体にまわる部屋になって大満足。メイクアップの受講生には「顔がよく見える」と好評な部屋でもあり、商品撮影も楽に行える光が得られ、eXeの使う幅が広がったと自画自賛しております。

トゥージュールのメイクアップ教室風景